子供にGPSを持たせた方がよい理由について

子供を狙った犯罪には誘拐やわいせつ行為の他に、暴行や恐喝などがあります。犯罪者は自分よりも力の弱い人間が1人になったときを狙う傾向があり、下校途中や帰宅後に外出する際には注意しなければなりません。日が落ちて暗くなる夕方以降に狙われる傾向があるので、なるべく1人で行動しないように指導することが大切です。複数人でいる場合には、他の人が周囲の大人に知らせて素早く対処できます。

さらにGPSの端末を持たせておけば、現在位置を確認できるので安心です。子供を犯罪被害から守るためには、まず徹底して危険な場所や人には近づかないように指導する必要があります。登下校中など怪しい人物を見かけたら積極的に声をかけて怯ませるよう指導が行われることもありますが、何度も声をかけると犯罪者は慣れてしまいます。犯罪者はゲームなど子供が好きそうな話で誘うことが多く、顔見知りになってしまうと油断が生まれて被害に遭いやすくなります。

夕方以降になるべく1人では行動せず、危険な場所や人に近づかないよう指導した上でGPS端末を携帯させるとよいでしょう。GPSの端末には様々なものがありますが、腕時計型やキーホルダー型ならば携帯しやすいので便利です。スマートフォンに位置情報を取得できるアプリをインストールするのもよいでしょう。位置情報取得アプリは、予め目的地を設定しておくと子供が到着した時点で通知が表示されます。

正しい防犯指導を行った上でGPS端末を持たせれば、子供を犯罪被害から守ることができます。ノースフェイスの子供服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*